2010年12月11日

サービスの効率

以前のブログでも書きましたが私は本屋が大好きです。
面白そうと思った書籍はとりあえず購入して読みます。

そこで、またまた考えさせられる場面に。
いつものよく行く本屋で買い物をしていた時、
そこの店舗はいつもお金を受け取って、お釣りを渡した後に
購入した本を渡してくるのです。
(カウンター内に購入した書籍を置き、お客の支払いが終わってか
ら書籍を購入者に渡してくるのです。)
よって、お金を払いスタッフからお釣りを受け取った私は、お釣りを
財布に入れ、その後書籍を受け取り、受け取った本を再び鞄に
入れる動作をするため時間がかかり後ろに清算待ちの人が増えます。
つまり、スタッフがお釣りを準備するまでの数秒がロスになっている。
カウンターの上に書籍を置いてくれればスタッフがお釣りを準備し
ている間に書籍を鞄に入れることができるのに。。。
(全員が同じことをしているので店舗のマニュアルがそうさせている?)

これが大阪のある超大型書店に行った時、
本を買うと袋に入れて、すぐにカウンターの上に置きます。
カウンターの上に購入した本を置いてくれるので、私が支払いをし、
スタッフがお釣りを準備する間に本を鞄に入れる時間があります。
鞄に書籍を入れ終わったと同時にお釣りも受け取れる。なので流れがスムーズなんです。
時間にすると、数秒なのですが、客のさばきかたが上手いです。

ダイビング器材の販売において本屋のように並ぶことはまず考えら
れませんが、それでも海で潜る時は、常に効率やリスク軽減、
そして「何故?」を考えます。
何故この海を選ぶのか?何故このポイントなのか?何故この時間帯なのか?

2つの書籍のお釣りの渡し方だけでも色々と考えることができました。
ダイビングを楽しんでいるみなさん、「何故?」は、とても大事だと思います。
上達の近道かもしれませんね。
posted by C-DASH at 22:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。